はてな村定点観測所

運動、瞑想、睡眠、野菜350g

復旧した大熊町役場と中間貯蔵施設を見学してきた

   

福島第一原子力発電所は大熊町と双葉町の境界に建てられていたため、2011年3月の福島第一原発事故によって大熊町は町全体が避難指示の対象地区となりました。しかし今年になって大熊町の2地区の避難指示が解除され、大熊町役場も完成しました。また大熊町と双葉町には中間貯蔵施設の建設が進められています。

今回は復旧した大熊町役場の本庁舎と中間貯蔵施設を見学してきました。

大熊町役場に行ってきた

先月2019年5月に大熊町に開庁した大熊町役場を見てきました。

f:id:netcraft3:20190621224817j:plain

大熊町は福島第一原発の事故により町全域に避難指示が出ました。町役場の機能も会津若松市に移転しました。大熊町は特例として事故後も東京電力の社員およそ650名が生活することが認められた以外は、町の大部分が帰還困難区域になったままでした。

しかし今年4月に大熊町の大川原・中屋敷の2地区で避難指示が解除され、翌月に町役場の本庁舎が大熊町に開庁しました。

f:id:netcraft3:20190621224857j:plain

あいにくの梅雨空でしたが新築された町役場の外観が見えてきました。かなりお洒落な外観になっています。

f:id:netcraft3:20190621225113j:plain

町役場の中もかなり綺麗です。写真ではわかりにくいですが吹き抜けのコミュニティスペースもあります。

f:id:netcraft3:20190621225006j:plain

まだ大部分の町民は町の外で避難生活を送っており、町役場を訪れている人はまばらでした。記憶が正しければ2人しか利用者を見掛けませんでした。1人はスーツを着て片手に資料を持っていたので住民の方ではなかったのかもしれません。

大熊町役場の見学を終えて中間貯蔵施設へ向かいました。

中間貯蔵施設って何?

中間貯蔵施設の見学ツアーに入る前に、そもそも「中間貯蔵施設とは何か?」という点についてですが、福島第一原発事故あるいはその後の除染作業や廃炉作業などで出た放射線量の高い土壌や草木や廃棄物を保管(貯蔵)しておく施設になります。大熊町と双葉町に建設が進められています。

f:id:netcraft3:20190622185857j:plain

中間貯蔵施設 受入・分別施設(中間貯蔵工事情報センター

f:id:netcraft3:20190621231439p:plain:w400

(環境省「汚染土壌などの中間貯蔵施設について」)

「中間」という名前がついているようにあくまで一時的な保管施設です。政府の方針では中間貯蔵施設に保管しておくのは30年間だけで、30年後までには福島県外に半永久的に保管する最終処分場をつくるとしています。しかし最終処分場の建設を巡っては全国の自治体から建設を拒否されている状態です。

f:id:netcraft3:20190621224717j:plain

中間貯蔵施設というと1個の建物のように聞こえますが、実際は福島第一原発の周囲を取り囲むように広大な敷地が中間貯蔵施設になっていて様々な構造物が造られています。

中間貯蔵施設を見てきた

今回は中間貯蔵工事情報センターの中間貯蔵施設見学会というツアーに参加して中間貯蔵施設を見てきました。

www.jesconet.co.jp

中間貯蔵工事情報センターは、環境省と中間貯蔵・環境安全事業株式会社というところが運営している施設です。月1回、中間貯蔵施設を見学できるツアーを行っています。FAXまたはメールで事前申し込みが必要で、当日は身分証の確認が行われます。15歳未満や妊娠されている人は参加できません。

f:id:netcraft3:20190621223336j:plain

見学会の参加者は全部で50人くらいいました。2台の小型バスに乗り込んで中間貯蔵施設に向かいました。中間貯蔵施設には福島県内から毎日多数のトラックが土壌や放射性廃棄物を運んできています。

f:id:netcraft3:20190621224313j:plain

車体の先頭に緑色のゼッケンが貼ってあるトラックが、汚染土壌を中間貯蔵施設に運ぶトラックになります。黒い袋が輸送中に倒れたりなど緊急時にも対応できるように2台体制で運ぶルールになっているようです。福島県内の道路とりわけ国道6号線ではかなりこのトラックを見掛けます。

f:id:netcraft3:20190621224451j:plain

中間貯蔵施設では至るところにこの黒い袋(フレコンバッグ)が山積みになっていました。

f:id:netcraft3:20190621224129j:plain

ベルトコンベアで黒い袋を運ぶ設備も稼働していました。

f:id:netcraft3:20190621224159j:plain

重機を使って黒い袋を並べているところもありました。

f:id:netcraft3:20190621223431j:plain

黒い袋が野ざらしにならないようにシートを掛けて保護してある場所とそうでない場所があります。

f:id:netcraft3:20190621223514j:plain

受入・分別施設です。ここで運ばれてきた土壌を可燃物や石などに分別します。

f:id:netcraft3:20190621223606j:plain

こちらも受入・分別施設の一部と思われます。中間貯蔵施設の敷地内にはこのように建設中の建物が多数ありました。

f:id:netcraft3:20190621223647j:plain

ここも建設中の受入・分別施設。

f:id:netcraft3:20190621223750j:plain

こちらは土壌貯蔵施設です。地面に穴を掘り、黒い袋から分別した土壌を埋めて固めます。そして表面を覆って固めて30年間保存します。

f:id:netcraft3:20190621223852j:plain

土壌貯蔵施設はかなりの大きさです。雨水や地下水などで放射性物質が漏れ出していないか常時放射線検査を行っていくそうです。

f:id:netcraft3:20190621223819j:plain

こちらは完成した土壌貯蔵施設。表面が覆われています。

f:id:netcraft3:20190621223928j:plain

巨大なベルトコンベア。総延長1.5kmくらいあるそうです。土壌をこのベルトコンベアで土壌貯蔵施設に運ぶ計画になっています。

「民家は撮影しないでください」と30年後

今回は走行中のバスの中から撮影したため(ポイントで立ち止まってくれなかった)ブレた写真が多かったのですが、中間貯蔵施設の内部について詳しく知ることができました。

「民家は撮影しないでください」と言われたので撮影しませんでしたが、中間貯蔵施設の中にはかかなりの民家や公共施設の廃墟が残っていました。いま稼働している施設も民家や田畑を壊して造られたものですし、今後もこれらの民家は取り壊されて中間貯蔵施設の用地になっていくと思われます。ここで暮らしていた色々な人々の思いが詰まっていたのかと思います。

政府は福島県内には一時的な中間貯蔵施設を造るだけで最終処分場は造らないと言っていますが、最終処分場の建設場所の見通しが全く立たない中で、30年後までにはここが最終処分場となっていくのではないかと地元でも噂されています。

30年後にここはどんな景色になっているんだろうと思いながら見学会を終えました。