読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな村定点観測所

運動、瞑想、睡眠、野菜350g

ヤマト運輸・Amazon問題は「会社で受け取り」で問題が解消できる

   

不在配達の件

今、ヤマトでは本人不在多くが多くなり、莫大な時間とコストが掛かっている。不在の大きな理由の1つはやはり共働き世代の増加だろう。遅くまで自宅にはいない。

夜間配達を多くする、宅配ボックスを設置するなど色々な提案がれてきたけど、それでも情況はあまり変わらないだとうと思った(宅配ボックスは賃貸の場合は室外設置へのオーナー審査が必要そう)。コンビニで受け取るという手もあるけど、ネット上で「コンビ二が倉庫も扱える量は既に限界なのでやめてほしい」という声が出てた。

会社受け取り

官・民共同で「会社受け取り」を開始してはどうだろうか。既に導入されたり暗黙の了解になっている会社もあるけど、ごく一部だ。ほぼ再配達なくなるのと同時に、配達先が集約されるのもヤマト側の負担軽減につながる。

もちろん、液晶モニタやラックなどの重いモノは駄目だけど、それはAmazonから自宅への従来通りの方法で送ってもらえればいいだろう。Amazonで売っている物の多くは1人で持ち帰られるものだ。

今までも個人目的でAmazonで購入したものを容認していた会社はあったけど、これからはそんな会社を広めて、大っぴらに会社配達が受け取れるようにした方が良いと思う。

会社の窓口で受け取って従業員に渡す。会社の福利厚生にもなると思う。

f:id:netcraft3:20170312101047p:plain