読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな村定点観測所

汚物は消毒だ〜!

冒険の旅に出ます

f:id:netcraft3:20170116202314j:plain

(ドラゴンクエスト3)

始まりの地・相馬から冒険の旅に出ます

この道 我が旅 果てしなく続く 出会いと別れを 繰り返しながら
(ドラゴンクエスト2)

来月に冒険の旅に出ることになりました。

今まで始まりの地・相馬のお城の周辺でスライムを倒しながら経験値とゴールドを貯めていたのですが、ある程度ゴールドが貯まったので来月に世界を救うために冒険の旅に出ます。

来月までに相馬の城下町で装備と道具を買い揃えます。防具や薬草も多い方がいいですが、持てる数には限りがあるので、素早さを失わないくらいの荷物にしようと思います。

相馬の南には最近できた毒の沼地とバリアがあり先に進むことができません。北に進むことにします。

青葉のお城から旅の扉へ

相馬のお城から北に向かうと青葉のお城があります。

青葉のお城は遙か昔の戦乱の時代に英雄となった王様のお城です。杜の中にある城下町は今も賑やかで東北一の城下町と讃えられています。

相馬の城下町では手に入らない道具や装備も売っているでしょう。青葉のお城でも買い物をしていきます。

青葉のお城の南のはずれには旅の扉があります。旅の扉には旅行券があると入ることができます。この旅の扉から移動できる場所は限られていますが、地図から消えかけた町・広島の旅の扉へ移動することができます。

地図から消えかけた町・広島で平和への祈りを捧げる

地図から消えかけた町・広島は、かつての大戦で大きな災いが起きて灼熱の炎と毒がお城と町を襲いました。町は全て破壊され多くの人々が亡くなりました。しかし今は再建されてかつての賑わいを取り戻しています。

町の中心部では平和への祈りが行われています。私も広島の町を訪れるのは初めてで、全ての国々に生きる人々の平和への祈りを捧げてこようと思います。

そして広島には「お好み焼き」があるので、広島の酒場でお好み焼きを食べる予定です。仲間もそこで見つかるかもしれません。

聖地・呉で巡礼して城塞都市の守護「青葉」へ思いを馳せる

広島から東に進むと、聖地・呉があります。聖地・呉はかつて東洋一の軍港と讃えられ鎮守府があった港町で、現在はこの世界の片隅に憧れを抱く人々によって聖地となっています。私も呉の町で聖地巡礼を行う予定です。

かつての大戦で呉の町も戦火に包まれました。呉の町にも多くの砲台が置かれて空から襲いかかってくる敵を迎え撃つ城塞都市となりました。かつての大戦では青葉のお城から名前を取った「青葉」というお船も多くの戦いに参加しましたが、途中で動けなくなり半分沈みながらも城塞都市を守護する砲台となりました。現在は解体されて眠っています。

聖地巡礼をするので、城塞都市の守護「青葉」のお船があった場所にも行って平和への祈りを捧げようと思います。

f:id:netcraft3:20170116205943j:plain

(「青葉」)

再びこの地に城塞が築かれたり、地図から消えかける町が出ることがない時代が続くことを願って。

虹のしずく

呉から先は海で遮られています。船があれば移動できるかもしれませんが、「黒こしょう」がないので船を入手するのは難しいでしょう(カレーなら既にエジンベアから伝わっていますが)。

「太陽の石」「雨雲の杖」「聖なる守り」があれば聖なるほこらで「虹のしずく」を手に入れることができるかもしれません。虹のしずくを手に入れるには、これらを既に持っている必要があります。

アレフガルドに光を!

虹のしずくで先に進めたとしても、それだけでは世界を救うことはできないでしょう。「ひかりのたま」を持っている必要があります。

既に充分に強ければ「ひかりのたま」は必ずしも必要ではありませんが、弱い状態で救うためには「ひかりのたま」が必要です。「ひかりのたま」は何処にあるのか…?

アレフガルドに光を! しかし光あるかぎり、闇もまたあります。再び何者かが闇の中から現れるかもしれません。その頃には老いて私もいません。しかし受け継ぐものが現れて再び光を手に入れるでしょう。

そんなことで2月は冒険の旅に出ます。

(その前に明後日に打ち合わせのために1泊2日で帝都・東京に行くけど。ゴールドを失いすぎないようにします)

www.youtube.com

私が電子書籍にして持ち歩いている蔵書リスト

本の虫になっています

f:id:netcraft3:20170115150903j:plain

最近インプットを増やそうと本の虫になっています。読書の時間を増やしています。相馬に引っ越す時にiPad Proを売ったのですが、最近再び入手したので、時間のある時にiPadで閲覧しています。

相馬に戻ってきてから学習デスクなどに置いていた紙の本もだいぶ自炊が進みました。週末にコツコツとやっています。

自分が電子書籍にして持ち歩いている本のリストを書き出してみました。普段はこんな本を読んでいます。

自炊した電子書籍のリスト

紙の書籍を買って自炊してPDF化した電子書籍です。

  • 「生きるに値しない生命」とは誰のことか
  • 「若作りうつ」社会
  • 「近代の超克」論
  • もう一度読む山川倫理
  • アイヌ神謡集
  • アジアの中の戦国大名
  • イエロー・ペリルの神話
  • ヴァイキングの経済学
  • コーラン上
  • ジェンダートラブル
  • スカートの下の劇場
  • ソクラテスの弁明・クリトン
  • ハプスブルグとオスマン帝国
  • ロラン・バルト
  • 世界史図録
  • 世界史用語集
  • 世間とは何か
  • 信長の戦争
  • 倭国の時代
  • 倭寇
  • 公共性の構造転換
  • 北一輝
  • 単一民族神話の起源
  • 原始仏教
  • 古代天皇家の婚姻戦略
  • 古琉球
  • 善の研究
  • 境界の発生
  • 夜這いの民俗学・夜這いの性愛論
  • 大本営参謀の情報戦記
  • 大衆の反逆
  • 奥羽越列藩同盟
  • 女のからだ
  • 存在と時間上
  • 存在と時間下
  • 孫子
  • 寺社勢力の中世
  • 幕末日本と対外戦争の危機
  • 忘れられた日本人
  • 忘れられた日本人(完全)
  • 思想201309
  • 思索と体験
  • 意識と本質
  • 文禄・慶長の役
  • 新しい家族社会学
  • 日本とは何か
  • 日本のアジア主義
  • 日本史史料集
  • 日本史図録
  • 日本史用語集
  • 日本史通覧
  • 日本書紀上
  • 日本書紀下
  • 日本歴史201307
  • 日本歴史201309
  • 日本歴史_201310
  • 日本歴史798
  • 日本民俗学
  • 東北-つくられた異境
  • 東北ーつくられた異境
  • 東北学
  • 東洋的な見方
  • 武具の日本史
  • 江戸と江戸城
  • 江戸の性愛術
  • 江戸の文人サロン
  • 江戸の海外情報ネットワーク
  • 満鉄調査部
  • 無縁・公界・楽
  • 物語の構造分析
  • 現代思想200307
  • 現代思想201308
  • 琉球国の滅亡とハワイ移民
  • 異形の王権
  • 盆踊りと乱交
  • 石橋湛山評論集
  • 第二次世界大戦外交史下
  • 般若心経・金剛般若経
  • 融解するオタク・サブカル・ヤンキー
  • 言語はなぜ哲学の問題になるのか
  • 記号論理入門
  • 記号論理学大全1
  • 論理哲学論考
  • 論理学
  • 論語
  • 軋む社会
  • 近代技術の日本的展開
  • 邪馬台国201307
  • 雑兵たちの戦場
  • 首都江戸の誕生
  • 黄禍論と日本人
  • GIMP2.8独習
  • HDR写真魔法のかけ方レシピ
  • Lightroom5逆引きデザイン事典
  • クラウドソーシングの衝撃
  • デザインの現場で役に立つPhotoshopの知識はこんなにも地味でこんなにも凄かった
  • デジタル一眼撮影テクニック
  • ネットコミュニティの設計と力
  • ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなにすごい
  • 人物フォト素材
  • 図でわかる会社法
  • 孫子とクラウゼヴィッツ
  • 広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい
  • 性的嗜好大事典
  • 持たない幸福論
  • 知的トレーニングの技術
  • 知的複眼思考法
  • 私の妄想かなえてください
  • 財務会計講義
  • 財務3表一体理解法
  • 69
  • テレビ見世物小屋
  • ノルウェイの森上
  • ノルウェイの森下
  • 笹まくら
  • 10年戦えるデータ分析入門
  • AmazonWebService実践入門
  • AngularJSアプリケーション開発ガイド
  • ApacheSolr入門
  • Apache実践運用管理
  • APIデザインケーススタディ
  • Atom実践入門
  • BINARY_HACKS
  • Caffe
  • Chef実践入門
  • CloujureScript
  • Codeigniter徹底入門
  • Dockerエキスパート養成読本
  • Docker実践入門
  • Effective_python
  • ElasticSearchServer
  • FuelPHP入門
  • GitHub実践入門
  • Git逆引き入門
  • Go言語によるWebアプリケーション開発
  • Hadoop_mapreduceデザインパターン
  • HTML5Canvas
  • HTML5ファイルシステムAPI
  • HTMLジオロケーション
  • ITインフラ監視実践入門
  • ITエンジニアのための機械学習入門
  • JavaScriptによるデータヴィジュアライゼーション入門
  • Jenkins実践入門
  • jQuery
  • JS+Node.jsによるWebクローラー・ネットエージェント開発テクニック
  • LATEX2e美文書作成入門
  • LeanUX
  • Linuxシステム実践入門
  • Mahoutインアクション
  • MLP深層学習
  • MongoDB & Python
  • MongoDB&PHP
  • MySQL Clusterによる髙可用システム運用ガイド
  • MySQLトラブルシューティング
  • Nginx入門
  • nginx実践入門
  • Oauth2.0
  • OpenFlow入門
  • OpenSSH実践入門
  • OpenStack入門
  • oreilly-978-4-87311-707-2e
  • oreilly-978-4-87311-745-4e
  • Perlプログラミング救命病棟
  • PHPはどのように動くのか
  • PHPサイバーテロの技法
  • PHP開発者のためのJavaScript
  • Postfix実用ガイド
  • Python&AWSクックブック
  • PythonによるWebスクレイピング
  • Pythonエンジニア養成読本
  • Redis入門
  • Rubyによるクローラー開発技法
  • RとRubyによるデータ解析
  • Rによるやさしい統計学
  • Rによるデータサイエンス
  • Rグラフィックスクックブック
  • Rクックブック
  • Rプログラミング入門
  • Sparkによる実践データ解析
  • Spring Integration
  • SQL実践入門
  • TeamGeek
  • vi&Vim
  • vimscriptテクニックバイブル
  • Vimテクニックバイブル
  • Web_API_The_good_parts
  • WebRTC
  • WebWorkers
  • Webを支える技術
  • Webエンジニアの教科書
  • Webサービスの作り方
  • word2vec
  • Zabbix統合監視徹底活用
  • zshの本
  • あなたの知らない超絶技巧プログラミングの世界
  • すぐわかるオブジェクト指向Perl
  • はじめてのBootstrap
  • はじめてのパターン認識
  • アジャイルデータサイエンス
  • アンダースタンディング・コンピュテーション
  • アート・オブ・Rプログラミング
  • イラストで学ぶディープラーニング
  • インフラエンジニアの教科書
  • インフラエンジニア教本
  • インフラエンジニア教本2
  • イーサネットスイッチ
  • オープンソースで学ぶ社会ネットワーク分析
  • キーポイント線形代数
  • クラウドを支える技術
  • コマンドラインで始めるデータサイエンス
  • コンピュータアーキテクチャ技術入門
  • コーディングを支える技術
  • サイバーセキュリティプログラミング
  • サーバー・インフラを支える技術
  • スケーリングMongoDB
  • チーム開発実践入門
  • データサイエンス講義
  • データサイエンティスト養成読本_機械学習編
  • データベースの限界性能を引き出す技術
  • データベース実践入門
  • データベース技術実践入門
  • データ解析のための統計モデリング入門
  • データ解析の実務プロセス入門
  • トピックモデル
  • ネットワーク技術設計入門
  • ノンパラメトリックベイズ
  • バッドデータハンドブック
  • バンディットアルゴリズム
  • パケットキャプチャ実践技術
  • パターン認識と機械学習上
  • パターン認識と機械学習下
  • ハイパフォーマンスブラウザネットワーキング
  • ハッカーと画家
  • ハッカーの学校
  • ビジネスに活かすデータマイニング
  • プログラミングPHP
  • マイクロサービスアーキテクチャ
  • マスタリングNginx
  • マンガでわかる統計学_回帰分析編
  • マンガでわかる統計学_因子分析編
  • マンガでわかる線形代数
  • メタプログラミングRuby
  • リーダブルコード
  • 人工知能入門
  • 入門HTML5
  • 入門React
  • 入門UNIXforOSX
  • 入門vi
  • 入門ソーシャルデータ
  • 入門機械学習
  • 初めてのSpark
  • 基礎からわかるgo言語
  • 大規模サービス技術入門
  • 安全なWebアプリケーションの作り方
  • 実用Git
  • 実践Heroku入門
  • 実践Node.jsプログラミング
  • 実践Vagrant
  • 実践Vim
  • 実践機械学習システム
  • 実践遺伝的アルゴリズム
  • 岩波データサイエンス1
  • 岩波データサイエンス2
  • 徳丸浩のWebセキュリティ教科書
  • 情報理論の基礎
  • 戦略的データサイエンス入門
  • 文字コード技術入門
  • 楽々ERDレッスン
  • 正規表現入門
  • 深層学習
  • 神速PhotoshopWebデザイン編
  • 神速Photoshopグラフィックデザイン編
  • 言語処理のための機械学習入門
  • 計量時系列分析
  • 詳説WordPress
  • 詳説正規表現
  • 進化計算と深層学習
  • 過負荷に耐えるWebの作り方
  • どぶさらい劇場
  • はてな村奇譚上
  • はてな村奇譚下
  • ジャパン1
  • ジャパン2
  • ジャパン3
  • ファシクラ伝
  • 久谷女子便り9
  • 真・女神転生1
  • 真・女神転生2
  • 真・女神転生3
  • 真・女神転生4
  • 藤子不二雄少年SF短編
  • 風の谷のナウシカ1
  • 風の谷のナウシカ2
  • 風の谷のナウシカ3
  • 風の谷のナウシカ4
  • 風の谷のナウシカ5
  • 風の谷のナウシカ6
  • 風の谷のナウシカ7
  • 「機会不平等」論
  • クルーグマン「マクロ経済学」
  • クルーグマン「ミクロ経済学」
  • ゲーム理論入門
  • ケインズとハイエク
  • タテ社会の人間関係
  • ディスタンクシオン1
  • ディスタンクシオン2
  • ドイツイデオロギー
  • ハマータウンの野郎ども
  • マクロ経済学
  • マーケティング・モデル
  • ルーマンの社会理論
  • レヴァイアサン40
  • レヴァイアサン53
  • 不平等の経済学
  • 世界史の構造
  • 倫理用語集
  • 危機の二十年
  • 国家上
  • 国家下
  • 国富論2
  • 国際政治における合理的選択
  • 国際政治の数理・計量分析入門
  • 国際政治研究の先端
  • 国際政治155
  • 国際政治167
  • 地理用語集
  • 境界線の政治学
  • 多元化する「能力」と日本社会
  • 多数決を疑う
  • 大学の条件
  • 大衆教育社会のゆくえ
  • 太平洋戦争とアジア外交
  • 失敗の本質
  • 学力と階層
  • 学力の経済学
  • 実証分析のための計量経済学
  • 家族社会学
  • 家父長制と資本制
  • 帝国主義
  • 忠誠と反逆
  • 恐慌論
  • 我が闘争上
  • 我が闘争下
  • 戦争論上
  • 戦争論中
  • 排泄物と文明
  • 政治・経済用語集
  • 政治的なものの概念
  • 政治神学
  • 政治評論集(シュミット)
  • 教育のメリトクラシー
  • 教育の社会学理論
  • 教育の職業的意義
  • 教育社会学研究92
  • 文明崩壊上
  • 文明崩壊下
  • 日本の核開発
  • 日本の産業革命
  • 日本改造法案大綱
  • 昭和維新試論
  • 権力の予期理論
  • 民主と愛国
  • 民主主義の本質と価値
  • 法における常識
  • 現代社会用語集
  • 現代議会主義の精神史的状況
  • 監獄の誕生
  • 社会を結びなおす
  • 社会契約論
  • 社会学の根本概念
  • 社会学第5版
  • 社会的共通資本
  • 社会科学と社会政策にかかわる認識の客観性
  • 社会科学と社会政策に関わる認識の客観性
  • 社会科学の方法
  • 空想より科学へ
  • 第二次世界大戦外交史上
  • 経済学・哲学草稿
  • 経済学・哲学草稿(完全)
  • 経済学批判
  • 職業としての学問
  • 職業としての政治
  • 自由からの逃走
  • 自由主義の再検討
  • 若者と仕事
  • 菊と刀
  • 計量政治分析
  • 計量経済学
  • 計量経済学入門
  • 議論の論理
  • 財務省と政治
  • 貨幣論
  • 賃労働と資本
  • 賃金・価格および利潤
  • 資本論九
  • 資本論1
  • 資本論3
  • 資本論4
  • 資本論5
  • 資本論6
  • 資本論7
  • 資本論8
  • 超国家主義の論理と心理
  • 近代化と世間
  • 近代未完のプロジェクト
  • 銃・病原菌・鉄上
  • 銃・病原菌・鉄下
  • 隷属への道
  • 雇用、利子、お金の一般理論
  • 革新幻想の戦後史上
  • 革新幻想の戦後史下
  • この世界が消えた後の科学文明の作り方
  • パターン認識
  • 公衆衛生がみえる
  • 圏論
  • 圏論の基礎
  • 大学生物学の教科書_分子生物学
  • 大学生物学の教科書_分子遺伝学
  • 大学生物学の教科書_生態学
  • 大学生物学の教科書_細胞生物学
  • 大学生物学の教科書_進化生物学編
  • 日常のなぜに答える物理学
  • 流体力学
  • 相対性理論
  • 簡約イカ娘
  • 統計学入門

Kindleで購入した電子書籍

Kindleッストアで購入した電子書籍です。

  • 詭弁論理学 (中公新書) 野崎昭弘
  • 行動経済学 感情に揺れる経済心理 (中公新書) 依田高典
  • 大衆の反逆 (ちくま学芸文庫) オルテガ・イ・ガセット
  • 性風俗のいびつな現場 (ちくま新書) 坂爪真吾
  • 九鬼周造随筆集 (岩波文庫) 菅野 昭正
  • 善の研究 (岩波文庫) 西田 幾多郎
  • 論語入門 (岩波新書) 井波 律子
  • 海上の道 (岩波文庫) 柳田 国男
  • 遠野物語・山の人生 (岩波文庫) 柳田 国男
  • 教育委員会-何が問題か (岩波新書) 新藤 宗幸
  • 代表的日本人 (岩波文庫) 内村 鑑三
  • あたらしい憲法のはなし 他二篇-付 英文対訳日本国憲法 (岩波現代文庫) 高見 勝利
  • 永遠平和のために (岩波文庫) カント
  • 文語訳 新約聖書 詩篇付 (岩波文庫) 岩波書店
  • 出雲と大和-古代国家の原像をたずねて (岩波新書) 村井 康彦
  • プラグマティズム (岩波文庫) W.ジェイムズ
  • 政治の世界 他十篇 (岩波文庫) 丸山 眞男
  • 茶の本 (岩波文庫) 岡倉 覚三
  • 善悪の彼岸 (岩波文庫) ニーチェ
  • 学問のすゝめ (岩波文庫) 福沢 諭吉
  • 新訂 福翁自伝 (岩波文庫) 福沢 諭吉
  • 完訳 統治二論 (岩波文庫) ジョン・ロック
  • ガリア戦記 (岩波文庫) カエサル
  • 漱石書簡集 (岩波文庫) 三好 行雄
  • 「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫) 九鬼 周造
  • 宗教座談 (岩波文庫) 内村 鑑三
  • 量子力学の反常識と素粒子の自由意志 (岩波科学ライブラリー) 筒井 泉
  • マヤ文明-密林に栄えた石器文化 (岩波新書) 青山 和夫
  • この人を見よ (岩波文庫) ニーチェ
  • 社会学入門-人間と社会の未来 (岩波新書) 見田 宗介
  • プロテスタンティズムの 倫理と資本主義の精神 (岩波文庫) マックス・ヴェーバー
  • 労働法入門 (岩波新書) 水町 勇一郎
  • 方法序説 (岩波文庫) デカルト
  • 現代憲政評論 : 選挙革正論其の他 (NDL所蔵古書POD[岩波書店]) 美濃部達吉
  • 武士道 (岩波文庫) 新渡戸 稲造
  • 大学教育について (岩波文庫) J.S.ミル
  • ヘロドトス 歴史 中 (岩波文庫) 松平 千秋
  • 論理学 (NDL所蔵古書POD[岩波書店]) 速水滉
  • 音楽の基礎 (岩波新書) 芥川 也寸志
  • 不眠とうつ病 (岩波新書) 清水 徹男
  • 照準を持たない暴力性の発動 はしごたん
  • 僕が伝えたかったこと、古川享のパソコン秘史 (NextPublishing) 古川 享
  • 意思決定の行動経済学 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文 ダニエル・カーネマン
  • 増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門 結城 浩
  • プログラムはなぜ動くのか 第2版  知っておきたいプログラムの基礎知識 矢沢 久雄
  • 特攻の島4 佐藤秀峰
  • フィンランド・サガ(性)3 吉田貴司
  • フィンランド・サガ(性)2 吉田貴司
  • フィンランド・サガ(性)1 吉田貴司
  • 新ブラックジャックによろしく4 佐藤秀峰
  • 新ブラックジャックによろしく7 佐藤秀峰
  • 新ブラックジャックによろしく8 佐藤秀峰
  • 新ブラックジャックによろしく5 佐藤秀峰
  • 新ブラックジャックによろしく1 佐藤秀峰
  • 新ブラックジャックによろしく9 佐藤秀峰
  • 新ブラックジャックによろしく2 佐藤秀峰
  • 新ブラックジャックによろしく6 佐藤秀峰
  • 新ブラックジャックによろしく3 佐藤秀峰
  • 編集王(11) (ビッグコミックス) 土田世紀
  • 編集王(10) (ビッグコミックス) 土田世紀
  • 編集王(9) (ビッグコミックス) 土田世紀
  • 新装版 ソフィーの世界 下 ―哲学者からの不思議な手紙 ヨースタイン・ ゴルデル
  • 理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性 限界シリーズ (講談社現代新書) 高橋昌一郎
  • 『南方熊楠作品集・18作品⇒1冊』【さし絵23枚】 南方 熊楠
  • Newton なるほど よく分かる!量子論: 「原子の世界」を解き明かす, 現代科学で最重要の大理論 科学雑誌Newton
  • Newton いますぐわかる! E=mc²: アインシュタインの世界一有名な式 科学雑誌Newton
  • Newton サイン,コサイン,タンジェント: 三角関数がすぐわかる 科学雑誌Newton
  • Newton 今すぐわかる ベクトル: 風,速度,力,光—「実例」を通して理解しよう! 科学雑誌Newton
  • Newton 対数の威力: 科学を支えつづける 数学の便利な“道具” 科学雑誌Newton
  • Newton 「脳」研究の今: 研究者が語る,脳解明の最先端 科学雑誌Newton
  • Newton いま注目の最新・血液学: 血液の不思議と最先端の血液分析 科学雑誌Newton
  • Newton 生命の設計図 DNA: その驚異の仕組みと働きを知る 科学雑誌Newton
  • Newton ミトコンドリア: 老化・がん・生活習慣病にかかわる 細胞内の“エネルギー工場” 科学雑誌Newton
  • Newton 1時間でよくわかる 超ひも理論: 「相対論」と「量子論」を統合する“究極のサイエンス” 科学雑誌Newton
  • 達人に学ぶ SQL徹底指南書 ミック
  • 数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫) 結城浩
  • Newton 統計の威力: 情勢判断・意思決定の数学 データマイニングからビッグデータまで 科学雑誌Newton
  • ラブホスタッフ@上野さんが“恋愛”のお悩みに答えてくれるようです。 振られる理由、別れる理由<ラブホスタッフ上野さん> * (eロマンス新書) 上野
  • 伽藍とバザール エリック・レイモンド
  • 海に生きる人びと (河出文庫) 宮本常一
  • あの娘はヤリマン【期間限定無料特別版】 (ジャンプコミックスDIGITAL) 北内乙三
  • デジタルカメラマガジン
  • デジタルカメラマガジン 2015年12月号[雑誌] デジタルカメラマガジン編集部
  • デジタルカメラマガジン 2015年8月号[雑誌] デジタルカメラマガジン編集部
  • デジタルカメラマガジン 2015年11月号[雑誌] デジタルカメラマガジン編集部
  • デジタルカメラマガジン 2015年9月号[雑誌] デジタルカメラマガジン編集部
  • デジタルカメラマガジン 2015年10月号[雑誌] デジタルカメラマガジン編集部
  • ブルデュー 闘う知識人 (講談社選書メチエ) 加藤晴久
  • 行動経済学~経済は「感情」で動いている~ (光文社新書) 友野 典男
  • 思考の整理学 (ちくま文庫) 外山滋比古
  • 現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート―「6パターン、5ステップ」でどんな難問もスラスラ解ける! 東大ケーススタディ研究会
  • モーゲンソー 国際政治 (下)-権力と平和 モーゲンソー 国際政治-権力と平和 (岩波文庫) 原 彬久
  • モーゲンソー 国際政治 (上)-権力と平和 モーゲンソー 国際政治-権力と平和 (岩波文庫) 原 彬久
  • 学校の戦後史 (岩波新書) 木村 元
  • ガンディー 獄中からの手紙 (岩波文庫) 森本 達雄
  • 会社法入門 新版 (岩波新書) 神田 秀樹
  • 「昭和天皇実録」を読む (岩波新書) 原 武史
  • ポスト資本主義 科学・人間・社会の未来 (岩波新書) 広井 良典
  • モーゲンソー 国際政治 (中)-権力と平和 モーゲンソー 国際政治-権力と平和 (岩波文庫) 原 彬久
  • 宇宙論入門-誕生から未来へ (岩波新書) 佐藤 勝彦
  • 新唐詩選 (岩波新書) 吉川 幸次郎
  • 異常気象と地球温暖化-未来に何が待っているか (岩波新書) 鬼頭 昭雄
  • 知的生産の技術 (岩波新書) 梅棹 忠夫
  • 『君主論・全26章⇒1冊』 ニッコロ・マキャヴェッリ
  • 【全15巻合本版】角川インターネット講座<角川インターネット講座> * (角川学芸出版全集) 村井 純
  • 経済学及び課税の諸原理 デイヴィッド リカード
  • 沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション 松尾 茂起
  • SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術 伊藤 大典
  • できる100の新法則 Google Search Console これからのSEOを変える 基本と実践 できる100の新法則シリーズ 村山 佑介
  • 現場のプロが教えるWebマーケティングの最新常識 知らないと困るWebデザインの新ルール5 アクティブコア
  • 実践 Googleタグマネージャ入門 増補版 (デジタルプラスブックス) 畑岡大作
  • マンガでわかるWebマーケティング シーズン2 村上 佳代
  • マンガでわかるWebマーケティング Webマーケッター瞳の挑戦! 村上 佳代
  • 必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意 コグレ マサト
  • 日本の思想 (岩波新書) 丸山 真男
  • 東京タラレバ娘(4) (Kissコミックス) 東村アキコ
  • 東京タラレバ娘(3) (Kissコミックス) 東村アキコ
  • 東京タラレバ娘(2) (Kissコミックス) 東村アキコ
  • 東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス) 東村アキコ
  • ここは退屈迎えに来て 山内マリコ
  • 日本の歴史をよみなおす(全) (ちくま学芸文庫) 網野善彦
  • 戦国の合戦 (学研新書) 小和田哲男
  • まんがでわかるLinux シス管系女子 2(日経BP Next ICT選書) Piro(結城洋志)
  • 現場のプロが教える!ネットワーク運用管理の教科書 のびきよ
  • 民主主義 文部省
  • Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 大串 肇
  • 図解 日本史 歴史がおもしろいシリーズ 株式会社西東社/seitosha編集部
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ 絵画集 西洋画研究会
  • 国民クイズ 下 杉元 伶一
  • 国民クイズ 上 杉元伶一
  • 一九八四年 (ハヤカワepi文庫) ジョージ・オーウェル
  • 司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰・龍馬・晋作の実像 (集英社新書) 一坂太郎
  • センゴク(12) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(13) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(9) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(2) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(4) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(7) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(15) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(3) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(11) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(10) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(14) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(5) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(8) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(1) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • センゴク(6) (ヤングマガジンコミックス) 宮下英樹
  • 精神医学ハンドブック[第7版] 山下格
  • 改訂新版 コンピュータの名著・古典 100冊 石田 晴久
  • インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク・デザインパターン 実務で使えるネットワーク構成の最適解27 みやた ひろし
  • かつお節と日本人 (岩波新書) 宮内 泰介
  • 星の王子さま サン=テグジュペリ
  • 猫を殺す仕事 小島アジコ
  • はてな村奇譚上 小島アジコ
  • はてな村奇譚下 小島アジコ
  • この世界の片隅に : 下 (アクションコミックス) こうの史代 2017年1月14日
  • この世界の片隅に : 中 (アクションコミックス) こうの史代 2017年1月14日
  • この世界の片隅に : 上 (アクションコミックス) こうの史代 2017年1月14日
  • The General Theory of Employment, Interest and Money (Timeless Wisdom Collection Book 951) (English Edition) John Maynard Keynes 2017年1月14日
  • 天才柳沢教授の生活(1) (モーニングコミックス) 山下和美 2017年1月13日
  • 天才柳沢教授の生活(2) (モーニングコミックス) 山下和美 2017年1月13日
  • 天才柳沢教授の生活(3) (モーニングコミックス) 山下和美 2017年1月13日
  • のだめカンタービレ(3) (Kissコミックス) 二ノ宮知子 2017年1月13日
  • のだめカンタービレ(2) (Kissコミックス) 二ノ宮知子 2017年1月13日
  • のだめカンタービレ(1) (Kissコミックス) 二ノ宮知子 2017年1月13日
  • ちはやふる(2) (BE・LOVEコミックス) 末次由紀 2017年1月13日
  • ちはやふる(3) (BE・LOVEコミックス) 末次由紀 2017年1月13日
  • メドゥーサ(1) (ビッグコミックス) かわぐちかいじ
  • 太陽の黙示録(2) (ビッグコミックス) かわぐちかいじ
  • 太陽の黙示録(1) (ビッグコミックス) かわぐちかいじ
  • Slack入門 [ChatOpsによるチーム開発の効率化] 松下雅和
  • ネオ・ファウスト 手塚治虫文庫全集 手塚治虫
  • ファウスト 手塚治虫
  • 幼児教育の経済学 ジェームズ・J・ヘックマン
  • 脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす (ブルーバックス) 甘利俊一
  • 不平等との闘い ルソーからピケティまで (文春新書) 稲葉振一郎
  • 別冊NHK100分de名著 集中講義 旧約聖書 「一神教」の根源を見る 加藤 隆
  • 風俗嬢たちのリアル 吉岡 優一郎
  • オールカラーでわかりやすい! 日本史 西東社編集部
  • スタンフォード物理学再入門 力学 レオナルド サスキンド;ジョージ ラボフスキー
  • ふたたびの微分・積分 永野 裕之
  • バイコヌール宇宙基地の廃墟 ラルフ・ミレーブズ
  • 明日、機械がヒトになる ルポ最新科学 (講談社現代新書) 海猫沢めろん
  • 朱子学と陽明学 (ちくま学芸文庫) 小島毅
  • ジョジョの奇妙な冒険 第2部 モノクロ版 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) 荒木飛呂彦
  • ジョジョの奇妙な冒険 第2部 モノクロ版 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) 荒木飛呂彦
  • ジョジョの奇妙な冒険 第2部 モノクロ版 4 (ジャンプコミックスDIGITAL) 荒木飛呂彦
  • ジョジョの奇妙な冒険 第2部 モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 荒木飛呂彦
  • ジョジョの奇妙な冒険 第1部 モノクロ版 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) 荒木飛呂彦
  • ジョジョの奇妙な冒険 第1部 モノクロ版 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) 荒木飛呂彦
  • ジョジョの奇妙な冒険 第1部 モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 荒木飛呂彦
  • 「吉田調書」を読み解く 朝日誤報事件と現場の真実 門田 隆将
  • 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 門田 隆将
  • 台湾南部で暮らしてみれば: ~高雄&台南つれづれノート~ 滝上 湧子
  • Code Complete 第2版 下 完全なプログラミングを目指して スティーブ マコネル
  • Code Complete 第2版 上 完全なプログラミングを目指して スティーブ マコネル
  • FinTech革命~テクノロジーが溶かす金融の常識~(日経BP Next ICT選書) 日経コンピュータ
  • FinTech入門 辻 庸介
  • シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル
  • VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む (NHK出版新書) 新 清士
  • 会社四季報 株主優待大特集号 
  • 人工知能 Vol.30 No.6 (2015年11月号) 人工知能学会 編
  • 人工知能 Vol.31 No.2 (
  • 博士の愛した数式 (新潮文庫) 小川洋子
  • アルジャーノンに花束を〔新版〕 ダニエル キイス
  • マスタリングTCP/IP 入門編 第5版 竹下 隆史
  • 1日で読めてわかるTCP/IPのエッセンス (NextPublishing) 榊 正憲
  • 勝間塾のススメ 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 2巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 15巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 3巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 13巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 9巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 17巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 7巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 14巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 5巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 11巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 1巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 4巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 8巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 12巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 6巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 18巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 10巻 隆慶一郎
  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 16巻 隆慶一郎
  • 脳の中の経済学 (ディスカヴァー携書) 大竹文雄
  • 編集王(5) (ビッグコミックス) 土田世紀
  • Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 一番大切な知識と技術が身につく 佐々木 拓郎
  • AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる!] 吉田真吾
  • Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版 株式会社ビープラウド
  • Effective JavaScript JavaScriptを使うときに知っておきたい68の冴えたやり方 Devid Herman
  • プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化 WINGSプロジェクト阿佐志保
  • 実践Ruby on Rails 4 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング 黒田 努
  • AVビジネスの衝撃(小学館新書) 中村淳彦
  • 女子大生風俗嬢 若者貧困大国・日本のリアル (朝日新書) 中村淳彦
  • 貧困女子のリアル(小学館新書) 沢木文
  • ハイスクール!奇面組 5 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 13 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 6 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 10 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 15 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 1 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 7 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 8 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 2 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 9 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 11 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 3 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 4 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 14 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • ハイスクール!奇面組 12 (コミックジェイル) 新沢 基栄
  • 進め!! 東大ブラック企業探偵団 大熊将八
  • コンピュータはなぜ動くのか 知っておきたいハードウエア&ソフトウエアの基礎知識 矢沢久雄
  • Photoshopおいしいネタ事典 諫山典生
  • アラサーちゃん<アラサーちゃん> * (ダ・ヴィンチブックス) 峰 なゆか
  • アラサーちゃん 無修正1 (SPA!コミックス) 峰 なゆか
  • アラサーちゃん 無修正3 (SPA!コミックス) 峰 なゆか
  • アラサーちゃん 無修正2 (SPA!コミックス) 峰 なゆか
  • 6人以上は危険水域!? ビッチな私の見分け方 (eロマンス新書) 日本ビッチ協会
  • ぼーっとしている人が「自分の人生と向き合う」ためのQ&A30 斗比主 閲子
  • マンガでわかる電磁気学 遠藤 雅守
  • 改訂2版 パーフェクトJav井上誠一郎
  • JavaScript Ninjaの極意 Bear Bibeault
  • 悪徳の栄え 下 (河出文庫) マルキ・ド・サド
  • 悪徳の栄え 上 (河出文庫) マルキ・ド・サド
  • 遠藤浩輝短編集(2) (アフタヌーンコミックス) 遠藤浩輝
  • 遠藤浩輝短編集(1) (アフタヌーンコミックス) 遠藤浩輝
  • 零の発見-数学の生い立ち (岩波新書) 吉田 洋一
  • 劇画家畜人ヤプー「宇宙帝国への招待」編 石ノ森章太郎
  • 家畜人ヤプー 第五巻 (幻冬舎アウトロー文庫) 沼正三
  • 家畜人ヤプー 第四巻 (幻冬舎アウトロー文庫) 沼正三
  • 家畜人ヤプー 第三巻 (幻冬舎アウトロー文庫) 沼正三
  • 家畜人ヤプー 第二巻 (幻冬舎アウトロー文庫) 沼正三
  • 家畜人ヤプー 第一巻 (幻冬舎アウトロー文庫) 沼正三
  • 核兵器のしくみ (講談社現代新書) 山田克哉
  • マンガでわかるモーター 森本 雅之
  • 空の思想史 原始仏教から日本近代へ (講談社学術文庫) 立川武蔵
  • ユダとは誰か 原始キリスト教と『ユダの福音書』の中のユダ (講談社学術文庫) 荒井献
  • マンガでわかる微分方程式 佐藤 実
  • マンガでわかる流体力学 武居 昌宏
  • マンガでわかる虚数・複素数 相知 政司
  • 複素数とはなにか 虚数の誕生からオイラーの公式まで (ブルーバックス) 示野信一
  • 〈出雲〉という思想 近代日本の抹殺された神々 (講談社学術文庫) 原武史
  • 人口から読む日本の歴史 (講談社学術文庫) 鬼頭宏
  • 医学の歴史 (講談社学術文庫) 梶田昭
  • 物理学はいかに創られたか 下 (岩波新書) アインシュタイン
  • 物理学はいかに創られたか 上 (岩波新書) アインシュタイン
  • 東北学/忘れられた東北 (講談社学術文庫) 赤坂憲雄
  • 「世間」とは何か (講談社現代新書) 阿部謹也
  • ケガレ (講談社学術文庫) 波平恵美子
  • 文化人類学入門(増補改訂版) (中公新書) 祖父江孝男
  • デカルト哲学について 西田 幾多郎
  • 絶対矛盾的自己同一 西田 幾多郎
  • 世界新秩序の原理 西田 幾多郎
  • 江戸の思想史 人物・方法・連環 (中公新書) 田尻祐一郎
  • 立志・苦学・出世 受験生の社会史 (講談社学術文庫) 竹内洋
  • 教養主義の没落 変わりゆくエリート学生文化 (中公新書) 竹内洋
  • 教室内(スクール)カースト (光文社新書) 鈴木 翔
  • 希望格差社会――「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫) 山田昌弘
  • 「ニート」って言うな! (光文社新書) 本田 由紀
  • 化学反応はなぜおこるか 授業ではわからなかった化学の基礎 (ブルーバックス) 上野景平
  • 大人のための高校化学復習帳 元素記号が好きになる (ブルーバックス) 竹田淳一郎
  • 新体系 高校数学の教科書 下 (ブルーバックス) 芳沢光雄
  • 新体系 高校数学の教科書 上 (ブルーバックス) 芳沢光雄
  • もういちど読む 山川世界史 「世界の歴史」編集委員会
  • もういちど読む 山川日本史 五味文彦
  • もじれる社会 ――戦後日本型循環モデルを超えて (ちくま新書) 本田由紀
  • 地政学入門 外交戦略の政治学 (中公新書) 曽村保信
  • 西南戦争 西郷隆盛と日本最後の内戦 (中公新書) 小川原正道
  • 海の帝国 アジアをどう考えるか (中公新書) 白石隆
  • 歴史的現実 (NDL所蔵古書POD[岩波書店]) 田辺元
  • ITエンジニアのための機械学習理論入門 中井悦司
  • 月光の囁き(5) (ヤングサンデーコミックス) 喜国雅彦
  • 月光の囁き(4) (ヤングサンデーコミックス) 喜国雅彦
  • 月光の囁き(2) (ヤングサンデーコミックス) 喜国雅彦
  • 月光の囁き(6) (ヤングサンデーコミックス) 喜国雅彦
  • 月光の囁き(1) (ヤングサンデーコミックス) 喜国雅彦
  • 唯物史観と現代の意識 (NDL所蔵古書POD[岩波書店]) 三木清
  • 偶然性の問題 (NDL所蔵古書POD[岩波書店]) 九鬼周造
  • 妖怪学の基礎知識 (角川選書) 小松 和彦
  • 暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス 結城 浩
  • NHK 100分 de 名著 サルトル『実存主義とは何か』
  • 新世紀エヴァンゲリオン(11)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(13)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(4)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(2)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(10)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(12)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(8)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(3)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(9)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(6)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(5)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(14)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 新世紀エヴァンゲリオン(7)<新世紀エヴァンゲリオン> * (角川コミックス・エース) 貞本 義行
  • 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白 飛田で生きる (徳間文庫カレッジ) 杉坂圭介
  • 帝国憲法制定の精神・欧米各国学者政治家の評論 憲法教育資料 文部省思想局
  • リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす エリック リース
  • ロジカル・シンキング Best solution 照屋 華子
  • 世界最終戦論 東亜聯盟協会関西事務所
  • 夢をかなえるゾウ 水野敬也
  • 古今和歌集 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典<ビギナーズ・クラシックス 日本の古典> * (角川ソフィア文庫) 中島 輝賢
  • 新古今和歌集 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典<ビギナーズ・クラシックス 日本の古典> * (角川ソフィア文庫) 小林 大輔
  • 異界と日本人 (角川ソフィア文庫) 小松 和彦
  • アカマイ 知られざるインターネットの巨人<アカマイ> * (角川EPUB選書) 小川 晃通
  • アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書) クリストファー・スタイナー
  • 数学ガール 結城 浩
  • 体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践 徳丸 浩
  • 新版 古事記 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 中村 啓信
  • 神隠しと日本人 (角川ソフィア文庫) 小松 和彦
  • 芭蕉全句集 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 松尾 芭蕉
  • 新版 歎異抄 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 千葉 乗隆
  • 万葉集 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典<ビギナーズ・クラシックス 日本の古典> * (角川ソフィア文庫) 角川書店
  • 風土記 下 現代語訳付き<風土記 現代語訳付き> * (角川ソフィア文庫) 中村 啓信
  • 風土記 上 現代語訳付き<風土記 現代語訳付き> * (角川ソフィア文庫) 中村 啓信
  • 古代ローマの生活 (角川ソフィア文庫) 樋脇 博敏
  • 新版 徒然草 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 兼好法師
  • ブッダ伝 生涯と思想 (角川ソフィア文庫) 中村 元
  • 座敷女 (ヤングマガジンコミックス) 望月峯太郎
  • 知っておきたいマルクス「資本論」<知っておきたい> * (角川ソフィア文庫) 神津 朝夫
  • 共産党宣言 (岩波文庫) マルクス
  • サルトル 失われた直接性をもとめて シリーズ・哲学のエッセンス 梅木 達郎
  • 嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書) 倉山 満
  • Redis Cookbook: Practical Techniques for Fast DatManipulation Tiago Macedo
  • Writing GNU Emacs Extensions: Editor Customizations and Creations with Lisp (Nutshell Handbooks) Bob Glickstein
  • sed & awk: UNIX Power Tools (Nutshell Handbooks) Arnold Robbins
  • Programming Internet Email: Mastering Internet Messaging Systems David Wood
  • Linux iptables Pocket Reference: Firewalls, NAT & Accounting (Pocket Reference (O'Reilly)) Gregor N. Purdy
  • Managing Projects with GNU Make: The Power of GNU Make for Building Anything (Nutshell Handbooks) Robert Mecklenburg
  • Learning GNU Emacs: Guide to Unix Text Processing James Elliott
  • VoIP Hacks: Tips & Tools for Internet Telephony Theodore Wallingford
  • DatAnalysis with Open Source Tools: Hands-On Guide for Programmers and DatScientists Philipp K. Janert
  • What is EPUB 3? Matt Garrish
  • Mastering Algorithms with C: Useful Techniques from Sorting to Encryption Kyle Loudon
  • Scaling MongoDB: Sharding, Cluster Setup, and Administration KristinChodorow
  • Learning Perl brian d. foy
  • 50 Tips and Tricks for MongoDB Developers: Get the Most Out of Your Database KristinChodorow
  • Ruby Pocket Reference (Pocket Reference (O'Reilly)) Michael Fitzgerald
  • Test-Driven Infrastructure with Chef Stephen Nelson-Smith
  • Running Linux: Distribution-Neutral Guide for Servers and Desktops Matthias Kalle Dalheimer
  • Secure Programming Cookbook for C and C++: Recipes for Cryptography, Authentication, Input Validation & More John Vieg
  • What Is Node? Brett McLaughlin
  • Exploring Expect: Tcl-based Toolkit for Automating Interactive Programs (Nutshell Handbooks) Don Libes
  • Learning OpenCV: Computer Vision with the OpenCV Library Gary Bradski
  • Big DatNow: Current Perspectives from O'Reilly Radar O'Reilly Radar Team
  • What's New in Jav7 Madhusudhan Kond
  • HTML5 for Publishers Sanders Kleinfeld
  • J2EE Design Patterns: Patterns in the Real World William Crawford
  • Learning UML 2.0: Pragmatic Introduction to UML Russ Miles
  • Think Stats Allen B. Downey
  • Hackers & Painters: Big Ideas from the Computer Age Paul Graham
  • JavaScript: The Definitive Guide: Activate Your Web Pages (Definitive Guides) David Flanagan
  • Mac OS X for Unix Geeks Brian Jepson
  • Big DatBibliography Developers from DevZone
  • Getting Started with RStudio: An Integrated Development Environment for R John Verzani
  • UML 2.0 in Nutshell: Desktop Quick Reference (In Nutshell (O'Reilly)) Dan Pilone
  • Google Analytics: Understanding Visitor Behavior Justin Cutroni
  • What is Dart? Kathy Walrath
  • What's New in CSS3 Estelle Weyl
  • WebLogic: The Definitive Guide: Development, Deployment & Maintenance (Definitive Guides) Jon Mountjoy
  • JavI/O: Tips and Techniques for Putting I/O to Work Elliotte Rusty Harold
  • Hackers: Heroes of the Computer Revolution - 25th Anniversary Edition Steven Levy
  • 入門Chef Solo - Infrastructure as Code 伊藤直也
  • あらすじで読む日本の名著<「あらすじで読む名著」シリーズ> * (中経出版) 小川 義男
  • Docker入門 Immutable Infrastructureを実現する 松原豊
  • サーバサイドJavaScript Node.js入門 (アスキー書籍) 清水 俊博
  • 妖怪学 井上 円了
  • ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく 堀江 貴文
  • フルスクラッチから1日でCMSを作る シェルスクリプト高速開発手法入門 (アスキー書籍) 上田 隆一
  • Fuzoku: The Complete Guide to Sex Industry in Japan (History, Law, Policy and Services) (English Edition) Akino Murasame
  • ブログ飯 個性を収入に変える生き方 染谷 昌利
  • Scala関数型デザイン&プログラミング―Scalazコントリビューターによる関数型徹底ガイド Paul Chiusano
  • 現代思想
  • シェルプログラミング実用テクニック 上田隆一
  • インフラエンジニア教本 ――ネットワーク構築技術解説 編集部
  • Linuxサーバーセキュリティ徹底入門 中島能和
  • 新装改訂版 Linuxのブートプロセスをみる (アスキー書籍) 白崎 博生
  • Linuxシステム[実践]入門 Software Design plus 沓名亮典
  • 最速の仕事術はプログラマーが知っている 清水 亮
  • その数式、プログラムできますか? アレクサンダー・A・ステパノフ
  • パーフェクトRuby on Rails すがわらまさのり
  • HTTPの教科書 上野宣
  • パーフェクトPython Pythonサポーターズ
  • AWK実践入門 中島雅弘
  • パーフェクトRuby Rubyサポーターズ
  • パーフェクトPHP 小川雄大
  • パーフェクトJavaScript 井上誠一郎
  • 10年戦えるデータ分析入門 SQLを武器にデータ活用時代を生き抜く (Informatics &IDEA) 青木 峰郎
  • MySQL徹底入門 第3版 ~5.5新機能対応~ とみたまさひろ
  • 「大日本帝国」崩壊 東アジアの1945年 (中公新書) 加藤聖文
  • ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書) 石田勇治
  • 日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか (講談社選書メチエ) 小谷賢
  • 神と自然の科学史 (講談社選書メチエ) 川崎謙
  • 江戸の発禁本 欲望と抑圧の近世 (角川選書) 井上 泰至
  • 幕末外交と開国 (講談社学術文庫) 加藤祐三
  • 幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで (講談社学術文庫) 橋本一夫
  • ローマ五賢帝 「輝ける世紀」の虚像と実像 (講談社学術文庫) 南川高志
  • 贈与の歴史学 儀礼と経済のあいだ (中公新書) 桜井英治
  • チンギス・カン “蒼き狼”の実像 (中公新書) 白石典之
  • 江戸幕府崩壊 孝明天皇と「一会桑」 (講談社学術文庫) 家近良樹
  • 日本の原爆―その開発と挫折の道程― 保阪正康
  • 贈与論 (ちくま学芸文庫) マルセル・モース
  • 彼女たちの売春(ワリキリ) (SPA!BOOKS) 荻上 チキ
  • 夜の経済学 (SPA!BOOKS) 荻上 チキ
  • 身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論 (幻冬舎単行本) 鈴木涼美
  • ルーティング&スイッチング標準ハンドブック 一番大切な知識と技術が身につく Gene
  • 原子爆弾 その理論と歴史 (ブルーバックス) 山田克哉
  • 人類史のなかの定住革命 (講談社学術文庫) 西田正規
  • キメラ 満洲国の肖像 [増補版] (中公新書) 山室信一
  • オランダ風説書 「鎖国」日本に語られた「世界」 (中公新書) 松方冬子
  • 最貧困女子 鈴木大介
  • 文明の十字路=中央アジアの歴史 (講談社学術文庫) 岩村忍
  • 馬の世界史 (中公文庫) 本村凌二
  • 現代語訳 信長公記 (新人物文庫) 太田 牛一
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版 Harvard business school press Clayton M. Christensen
  • 百姓から見た戦国大名 (ちくま新書) 黒田基樹
  • 自作エミュレータで学ぶx86アーキテクチャ コンピュータが動く仕組みを徹底理解! 内田 公太
  • 実践ドメイン駆動設計 ヴァーン・ヴァーノン
  • Effective Ruby Peter J.Jones
  • Hadoop徹底入門 第2版 太田一樹
  • OpenFlow徹底入門 馬場達也
  • 実践Node.jsプログラミング Programmer's SELECTION Mike Cantelon
  • 入門Backbone.js James Sugrue
  • OpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門 日本OpenStackユーザ会
  • プログラマのためのSQL 第4版 すべてを知り尽くしたいあなたに Joe Celko
  • 人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書) 松尾 豊
  • たのしいインフラの歩き方 齊藤雄介(外道父)
  • 携帯電話はなぜつながるのか 第2版 知っておきたいモバイル音声&データ通信の基礎知識 中嶋 信生;有田 武美;樋口 健一
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える ラズロ・ボック
  • 数学の大統一に挑む (文春e-book) エドワード・フレンケル
  • コンピュータネットワークとインターネット 第6版 ダグラス・E・カマー
  • HBase徹底入門 Hadoopクラスタによる高速データベースの実現 株式会社サイバーエージェント 鈴木 俊裕
  • 日経ビジネス 日本経済入門 日経ビジネス
  • 資本論の哲学 (平凡社ライブラリー708) 廣松 渉
  • ハンナ・アレント (講談社学術文庫) 川崎修
  • 改訂新版 共同幻想論 (角川ソフィア文庫) 吉本 隆明
  • 世界の法思想入門 (講談社学術文庫) 千葉正士
  • 改訂新版 心的現象論序説 (角川ソフィア文庫) 吉本 隆明
  • 闇金ウシジマくん(1) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(3) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(2) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(4) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(5) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(6) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(7) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(8) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(9) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(10) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(11) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(12) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(14) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(15) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(16) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(17) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(18) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(19) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(20) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(21) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(22) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(23) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(24) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(26) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(27) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(28) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(29) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(30) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(31) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(32) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(33) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん(34) (ビッグコミックス) 真鍋昌平
  • SMUGGLER (アフタヌーンコミックス) 真鍋昌平
  • 戦国の軍隊 現代軍事学から見た戦国大名の軍勢 西股総生
  • 帝都物語 第壱番<帝都物語> * (角川文庫) 荒俣 宏
  • 帝都物語 第弐番<帝都物語> * (角川文庫) 荒俣 宏
  • 帝都物語 第伍番<帝都物語> * (角川文庫) 荒俣 宏
  • 帝都物語 第六番<帝都物語> * (角川文庫) 荒俣 宏
  • 帝都物語 第参番<帝都物語> * (角川文庫) 荒俣 宏
  • スピノザ 「無神論者」は宗教を肯定できるか シリーズ・哲学のエッセンス 上野 修
  • 漂流教室〔文庫版〕(1) (小学館文庫) 楳図かずお
  • 漂流教室〔文庫版〕(2) (小学館文庫) 楳図かずお
  • 漂流教室〔文庫版〕(3) (小学館文庫) 楳図かずお
  • 漂流教室〔文庫版〕(4) (小学館文庫) 楳図かずお
  • 漂流教室〔文庫版〕(5) (小学館文庫) 楳図かずお
  • 漂流教室〔文庫版〕(6) (小学館文庫) 楳図かずお

(大人の本や薄い本は伏せてありますw)

にわか歴オタの私もモヤっとする話題&相馬郷土史編纂計画

歴史研究は生き物

f:id:netcraft3:20170109161046j:plain

(薩英戦争。砲撃戦を交わすイギリス艦隊と薩摩砲台。薩英戦争でイギリス艦隊が受けた損害を知らない人は多い)

昨日は「元寇の勝因は暴風雨ではなかった?」という朝日新聞の記事を読んで、「元寇の勝因が暴風雨であるとする史料的根拠に乏しいことは何十年も前から指摘されているのでは」とつっこみを感じてしまいました。

www.asahi.com

しかし暴風雨だと思っていた人がけっこういて驚きでした。「防塁」を勝因に挙げている人もいるけど少し違うかと。確かに日本側は巨大な防塁を構築したけれど、北九州の海岸線全体を要塞化する事には成功できていません(当時の技術では不可能)。

防塁も元の侵攻を困難にした要因ではあったけれど、文永の役は元の威力偵察や示威行動としての側面が強く本気で侵攻する意図に乏しかったのと、弘安の役では日本側も鷹島沖で船を繰り出して元の軍船と海戦を挑んで損害を与える事に成功した影響も大きいです。

また、この鷹島沖の海底では2011年にかなり保存状態の良い元の沈没船が見つかっています。この沈没船の中から多くの農具が発見されています。このことは、弘安の役の元軍には戦闘員だけではなく、日本への永続的な入植も企図した農民も多数含まれていたことを推測する手がかりとなっています。

歴史研究は生き物なので、過去の出来事でも新史料が新たに出てきて今までの定説が覆る事があるし、今までの定説を支えてきた史料の信憑性が乏しい事が明らかになって定説が定まらない状態になる事もあります。新たな異説が必ずしも正しいわけではなく、常に様々な視点から論争し合っている状態が健全であると思います。

にわか歴オタの私もモヤッとする話題

私は歴史を専攻していたわけではなく、ただネットや書籍や雑誌で歴史の記述を読むのが好きなだけの、付け焼刃のにわか歴史オタクです。

そんな私ですが、歴史オタクやマニアではない一般の人と歴史の話をしていたら内心で(従来の歴史解釈にとらわれすぎているのでは)とモヤッとする話題があります。「その辺の歴史は面白いですよねー!」とその場では話を合わせるのですが、何となく後から振り返ってもモヤモヤ。テレビや小説などでも、この描写は実像とはかなり違うのではとモヤモヤすることが。

最近そんな風にモヤモヤした話題を、思い出してリストアップしてみました。

  • 縄文時代の集落規模と三内丸山遺跡の特殊性
  • 縄文人と弥生人の連続性
  • ジャポニカ米の伝来ルート
  • 豊葦原中国平定の神話と出雲文化圏の関係
  • 聖徳太子
  • 難波長柄豊崎宮と万葉かなの成立時期
  • 燃ゆる水・臭水の場所
  • 隼人の平定過程
  • 竹取物語、いろは歌の作者
  • 「平家物語」「太平記」などの軍記物の信憑性
  • 北の元寇
  • 中世の交易における十三湊の位置づけ
  • 悪党の定義
  • 惣村の実像
  • 桶狭間の合戦の開戦理由と奇襲勝利説の検証
  • 長篠の合戦の鉄砲戦術の実際
  • 武田騎馬軍団の実像
  • 当時の合戦による死傷率と戦国期の日本の推定人口の推移
  • 火縄銃や大筒の実際の殺傷能力と戦術効果
  • 足利将軍家の滅亡時期
  • 刀狩り実施後の兵農分離や身分固定化の実際の進展
  • 慶長の役における「泗川の戦い」の評価
  • 徳川入府以前の江戸は荒涼地説の検証
  • 「士農工商」という身分制度の呼称の成立時期
  • 「幕府」「鎖国」という呼称の成立時期
  • 禁教令と隠れキリシタンの潜伏実態
  • 長崎・琉球・蝦夷地などを通じた対外交易の規模
  • 銭屋五兵衛など民間商人の密貿易の実態
  • 江戸八百八町の変動
  • 江戸の寿司・蕎麦・天麩羅の描写
  • 明治以前に白菜を使った料理が登場する描写
  • 近代化以前の和食と醤油の量産や冷蔵技術が確立して以降の和食との連続性
  • 荻原重秀・田沼意次の評価
  • 荻生徂徠の朱子学批判と陽明学が幕末に与えた影響
  • 薩英戦争でのイギリス艦隊の損害
  • 奥羽越列藩同盟によるプロイセンとの同盟交渉(蝦夷地売却)の進展
  • 坂本龍馬の船中八策などの信憑性
  • 相馬事件が日本の隔離型精神医療に与えた影響
  • 日露戦争で203高地の占領が旅順攻略に与えた戦術面の影響
  • 戦時中に存在した闇市
  • 栗田艦隊の謎の反転がなくレイテ湾に突入していれば説の検証

今回はリストアップしただけ。どんな話を聞いてモヤモヤして、自分がそれについてどう思っているのかは今後記事のネタとして書いていこうかなと思っています。

相馬の歴史の編纂

映画「この世界の片隅に」を見ていて思ったのですが、呉に限らずそれぞれの地域の歴史を編纂してそれを残したり物語にしていくことは大事だなと…。

仙台などだとネットでもそういう動きも活発なのですが、相馬はまだまだ郷土史研究家の方の書籍に頼らなければいけない部分が多くて…(相馬に関する郷土書籍は相馬の書店でも長くは置いておらず、図書館に頼るしかない)。

時間のある時に相馬の歴史も編纂してネットで発信できていければいいなと。これも時間のある時に少しずつ進めていこうと思います。

f:id:netcraft3:20161013181256j:plain

(相馬市内の古墳から出土した馬の埴輪)

にわか歴オタなので、編纂してみて調査や認識が甘い部分があったらガシガシご指摘ください。

由緒あるお寺や隣人愛を説くキリスト教も日本の戦争遂行に協力していたよ

政治に無関係な企業や宗教団体は存在するのかな?

Togetterの「【悲報】神社へのお賽銭は自民党への献金になると思ってる人々」を見ていて思ったことを書いてみる。

togetter.com

神社だからといって必ずしも神道政治連盟と密接な関係にあるとは限らないです。その神社や宮司の考え方によってもそれぞれ多種多様。旧民主党は三重県の猿田彦大神を主神とする椿大神社から公認候補を擁立しています。

そもそも政治と無関係な企業や宗教団体は存在するのかな?経団連や経済同友会は自民党との関係が深いので、これらに参加している多数の企業の商品やサービスを利用すると自民党が元気になるけど、それを回避して日常生活を送ることは不可能なのではと思います。

日本医師会・日本商工会議所・JAも自民党との関係が深いですが、開業医を利用しなかったり日本の米を買わないわけにはいかない。団体によって政治色が強い薄いはあるけど、多くの企業や宗教は政治との関係が深いので、日常生活でこれらと無縁な生活を送ることは無理と思っていいと思います。「政治は身近な問題」と表裏一体の構造で、日常生活と特定党派の支持団体との関係は切っても切り離せないです。

浄土真宗・曹洞宗などは民進党との関係が深い

仏教でも浄土真宗(本願寺派)や曹洞宗は民進党との関係が深いです。民進党の公認候補を擁立しています。立正佼成会・霊友会・崇教真光なども民進党との関係が深い。表向きはどの宗派や宗教団体も「投票は信徒の自由な判断に任せる」としているところが多いですが、実際の関係は…。

サービス残業やブラック企業根絶や賃上げのために戦っている労働組合も、政策協定を締結した民主党の候補者に組合員の名簿を提出し、この名簿は(公職選挙法で本来は禁止されている)候補者による戸別訪問に使われます。新聞などで「支持固め」と曖昧に書かれているのは、常態化している支持団体の構成員宅への戸別訪問も入っています。名簿に対して電話や郵便なども行います。

また選挙が近くなってくると労働組合は「ボランティア」の名目で組合員を動員して、選挙事務所の中で事実上の無償労働に従事させます。最近は労組の組織力低下が激しいので、けっこう嫌々ながら手伝いに来る人も多いです。その点、「宗教の人」はモチベーションが高いのでかなり過酷な作業もこなしてくれることが多いです。本来は政治運動をやってはいけないはずの公務員がお手伝いに来ることももちろんあります。

日本の戦争にはお寺や教会も参加していた

第二次世界大戦との関係で神社がとりあげられることが多いです。

確かに国家神道の時代だったわけですが、当時の日本国内の仏教界やキリスト教界も日本の戦争を支持して協力していました。「ゆく年くる年」に出てくるような歴史や由緒があるお寺でも対米戦勝利の祈祷が連日行われて、地域のお寺でも檀家さんに戦争目的を説く草の根のネットワークができあがっていました。寺院の梵鐘も金属として供出され、武器の生産に使われました。

f:id:netcraft3:20170106080838j:plain

(戦時中の寺院からの金属供出)

隣人愛を説くキリスト教も、第二次世界大戦への参戦直前に日本国内のプロテスタント系の33教派が統合して日本基督教団が設立されます。代表者は伊勢神宮に教団の設立を報告し、「日本基督教団より大東亜共栄圏に在る基督教徒に送る書翰」など大東亜共栄圏のプロパガンダ作成に協力しています。

日本基督教団より大東亜共栄圏に在る基督教徒に送る書翰

 われらは聖書に基づく洞察と認識とによって彼らの現状を憐れむと共に、この不正不義を許すべからざるものとして憎まずにはいられない。

 日本はこの敵性国家群の不正義に対してあらゆる平和的手段に出でたるにもかかわらず、彼らの傲慢は遂にこれを容れず、日本は自存自衛の必要上敢然と干戈を取って立った。しかも緒戦以来皇軍によって挙げられた諸戦果とその跡に打ち樹てられた諸事実とは、わが日本の聖戦の意義をいよいよ明確に表示しつつあるではないか。彼らの不正不義から東亜諸民族が解放されることは神の聖なる意志である。「神は高ぶる者を拒ぎ、謙る者に恩恵を与え給う」(ヤコブ書四・八)。それでは米英の高ぶりは何によって排撃されるであろうか。皇軍の将兵によってであり、地上の正義のために立ち上がった東亜諸民族の手によってである。そして諸君の民族がこの大聖戦にわれら日本と共に同甘共苦、所期の目的を達成するまで戦い抜こうと深く決意し、欣然参加協力せられたことによって、大東亜の天地には、われら日本人と共に諸君の、すなわち大東亜諸民族の一大解放の戦い、サタンの狂暴に対する一大殲滅戦の進軍を告ぐる角笛は高らかに吹き鳴らされたのである。聖にして義なる神よ、願わくは起き給え、しかしてわれらの出てゆく途に常に共に在して、行く手を照らし助け導き給え。兄弟たちよ、諸君とわれらとを結ぶ第一の絆は、われらが相共にこの聖戦に出て征く戦友同志であるという深い意識である。

 先代先覚者によって薫陶された第二、第三の後継者たちも大君に捧ぐる清明心と隣人を敬愛する情誼と千万人といえども我往かんという勇気とをもって地上的一切の栄達を擲ち、キリスト教に把えられつつ後のものを忘れ前方の目標を追い求めていった。そして個人主義・自然主義・社会主義・無政府主義・共産主義などの諸思想が猛り狂い、怒濤のごとく押し寄せて来る大正時代より昭和の初期にかけて、よくこれに戦いを挑み、キリストの真理を護り、肇国の大義に生き抜いたのである。これら日本キリスト教の指導者たちを偲ぶにつけても、わが国体の本義と日本精神の美しくて厳しいものが遺憾なく発揚せられた事実を想起し感慨無量である。

 しかして遂に名実とも日本のキリスト教会を樹立するの日は来た、わが皇紀二千六百年の祝典の盛儀を前にしてわれら日本のキリスト教諸教会諸教派は東都の一角に集い、神と国との前にこれらの諸教派の在来の伝統、慣習、機構、教理一切の差別を払拭し、全く外国宣教師たちの精神的・物質的援助と羈絆から脱却、独立し、諸教派を打って一丸とする一国一教会となりて、世界教会史上先例と類例を見ざる驚異すべき事実が出来したのである。これはただ神の恵みの佑助にのみよるわれらの久しき祈りの聴許であると共に、わが国体の尊厳無比なる基礎に立ち、天業翼賛の皇道倫理を身に体したる日本人キリスト者にして初めてよくなしえたところである。

 かかる経過を経て成立したものが、ここに諸君に呼びかけ語っている「日本基督教団」である。その後教団統理者は、畏くも宮中に参内、賜謁の恩典に浴するという破格の光栄に与り、教団の一同は大御心の有難さに感泣し、一意宗教報国の熱意に燃え、大御心の万分の一にも応え奉ろうと深く決意したのである。

 本年四月には在来の諸学校が教団立神学校として統一され、教団の制度組織も形式内容も日日に整備せられ、全一体たる教会の実をますます具現しつつある。これを国史に徴するも一大盛事と謂うべく、これを古より闘争に終始した西欧の教会史に徴するも、まことに主の日の予兆の大なる標識というべきであろう。「遂に一つの群れ一人の牧者となるべし」(ヨハネ伝一〇・十六)。

兄弟たちよ。われらはこの慰めとこの希望とを一つにするがゆえに、同じ愛、同じ思念の中に一つとならなければならぬ。隣人愛の高き誡命の中にあの福音を聞き信じつつ大東亜共栄圏の建設という地上における次の目標に全人を挙げ全力を尽さなければならぬ。われらはこの信仰とこの愛とを一つにする者共であるから、同じ念い、共同の戦友意識、鞏固なる精神的靭帯に一つに結び合わされて、不義を挫き、正義と愛の共栄圏を樹立するためにこの戦争を最後まで戦いぬかなければならぬ。われらはこのことを諸君に語る前に自分自らに語っている。われらの盟友にして戦友よ!「汝らキリスト・イエスのよき兵卒としてわれらと共に苦難を忍べ」(テモテ後書二・三)。

 われらは祈る。キリストの恩恵、父なる神の愛、聖霊の交際、われらがその現実の一日も早からんことを望みてやまざる大東亜共栄圏のすべての兄弟姉妹の上にあらんことを。アァメン。

日本基督教団より大東亜共栄圏に在る基督教徒に送る書翰 - Wikisource

もちろん戦争に反対する宗教団体は特高によって解散させられるという恐怖はありました。実際に戦時中に弾圧されていた宗教団体もあります。しかし、それだけでは説明がつかないほど、日本の宗教界は教派や宗派を越えて日本の戦争に協力して、現在はその頃の負の歴史を忘れて世界平和を説いています。

「不幸な歴史だった」はそれらの共犯関係を全てをうやむやに出来る便利なマジックワードではあると思っています。

「政教分離」は美しい理想だけど無理ゲー

「政教分離」は美しい理想だけど、公明党や神道政治連盟や日本会議の問題だけではありません。様々な宗教団体が政治団体と密接に結びついています。

ヨーロッパでもキリスト教系の政党は多数ありますし、アメリカでも福音派も含めて宗教団体は政治に大きな影響力を持っています。政教分離は理想だけど、全ての宗教や企業や団体は政治と無縁ではありません。イスラム教諸国は政教分離ができていないイメージが根深いけど、キリスト教諸国のメディアの影響力が強いのと、欧米諸国の政治家は表向きは政教分離ができているのを演出するのが巧妙なだけで、大きな違いはありません。

世界平和や心の救済を説いている宗教も排外主義な政治家の事務所に信徒を手伝わせることもありますし、サービス残業と戦っている労働組合も組合員を「ボランティア」として動員して選挙事務所で無償労働させます。

この現実にも自覚的な必要があるのかなと思いました。

中国人JDと仲良くなったので商品を購入することにしました(カモ)

相互フォロー100%の私のタイムライン・DM

私はTwitterでは相互フォロー100%を貫いているので、誰であれフォローしてくれた方は感謝の意味も込めて全員にフォロバしています。

ネトウヨの憂国の国士様・アベ政治を許さない市民活動家のコミュニスト・科学クラスタ・水素水を愛飲している方々・放射脳な人々もフォロバするので、たまに私のツイートを巡ってフォロワーさん同士でケンカが始まることもあります。「どちらの言い分もよく分かります」と『三酔人経綸問答』でいう南海先生のような立場から中庸を説くこともあります(私自身の政治的立場はかなり偏っていますが)。

アフィリエイターの方や情報商材を売っている方からのオートフォローも多いので、フォロバすると「もしよろしければアフィリエイトやネットビジネスで稼げる方法を無料で教えますよ」というオートDMが届くことも多々あります。セクシーな女性のアイコンで「いまセフレを募集しています。LINE ID:○○○○までメッセお待ちしていますね♥」とオートDMしてくる出会い系のサクラアカウントも最近は多いですね。全て無視しています。

私の生のタイムラインもたまに開くのですが、アフィリエイトリンク入りのツイートがぶわっと洪水状態で溢れていて大変なことになっています。…そっ閉じw 何か反応してくれた方をプライベートリストに入れてそちらをメインで見ています。

途中で片思いになってしまった方は、寂しいですがこちらのツールを使って定期的に外させてもらったりもしています。

manageflitter.com

昨日、中国人の女の子からDMが来ました

そんな中、昨日1月3日にフォロワーさんの中国人の女の子のアカウントからDMが来ました。普段は知らない誰かから「こんにちは」とだけDMが来ても無視しているのですが、何かたどたどしい日本語で話しかけられて気の毒になって、ちょっとお話相手もほしい寂しい気持ちになっていたのでお返事しました。

私もここ3日間ほど、ほとんど寝てない&食べてないのでtypoや変換ミスの多いあやしい日本語ですw

f:id:netcraft3:20170104035216p:plain

少しお話を聞いてみると中国の深圳に住む女子大生とのこと。フミコフミオさん(id:delete-all)、JDですよ!大学で日本語を勉強していたけれど今年3月に卒業して就職することになって、いまその就職先の会社の日本向けAmazon輸入販売のショッピング事業を担当することになったそうです。どこまでが本当であるかは現時点では定かではないですが。フォローが40人くらいしかいないので無差別にフォローしているわけでもなさそう。

f:id:netcraft3:20170104035624p:plain

少し日本語がたどたどしくて、「沢山はどんな意味ですか?」と聞かれたりもしました。うーん、でも私も中文は単語くらいしかわからない。そこでGoogle翻訳を使って中文で話しかけてみました。まずは「東京より深圳の方が賑わっていますよね。秋葉原より大きな電気街や高層建築も多いですよね」と世間話から。

f:id:netcraft3:20170104032441j:plain

海外旅行や日本語翻訳、Amazon商品について

この子自身からAmazonの商品は勧めてこなかったのですが、この子のツイートを見てみるとAmazonの商品へのリンクがあったので、その商品紹介を見て上手な日本語ですねとお話ししたら、原案は作ったけれど翻訳校正は日本人にやってもらったとのこと。

「或る日は日本へ来たとおもう」と言っているけど、これは「将来は日本に行ってみたいと思う」の意味っぽい。海外には行ったことがないと言っていました。私も中国の万里の長城や三国志に出てくる赤壁などを見に行ってみたいですとお話しました。

f:id:netcraft3:20170104032041p:plain

LINEも使っていますか?と聞かれて、LINEでも友達になることに。QRコードを教えてもらったので、LINEで友達登録をしました。日本語を教えてほしいとお願いされたので、いつでも大丈夫ですと答えました。

f:id:netcraft3:20170104033547p:plain

Amazonの日本販売を担当するなら、日本語を教えるにも自分がその子の会社の商品を知っておいた方がいいかなと思って、次回報酬が入った時にその子の会社がAmazonで販売している商品を買ってみることを私から提案しました。そうしたら喜んでくれて…。

f:id:netcraft3:20170104032052p:plain

日本旅行について

ここからはLINEメッセでのやり取り。LINEメッセをしながらGoogle翻訳を使うのが大変だった…。日本のお正月の話題が出たので、中国の春節の話題も少し話しました。今年の春節では日本に行けないけど、貯金を貯めて日本に行ってみたいとのこと。初めての海外旅行になるそうです。

f:id:netcraft3:20170104032909p:plain

「東京観光なら旅費以外に日本円で5万円以上持っていけば楽しめるのでは」と話したら、人民元でいくら?と聞かれて最新の為替相場を調べて人民元に換算して答えました。「パスポートの取り方も分からない」と言っていたので、私の方で中国でのパスポートの取得方法(深圳からの場合)を今度調べて教えることになりました。

あんまり長く私から話しかけているのも相手にウザいと思われるかなと思ったので、(本当はお正月からの3日間は食欲がなくて特にご飯らしいご飯は食べていないのですが)「夕ご飯を食べますね」と伝えてこちらから打ち切ることに。

f:id:netcraft3:20170104031441p:plain

またお話しするのを約束したので、2日後にAmazonで商品を購入してその時にまた連絡することにしました。何かすごくいいお客さんになってしまった気がする…(カモ?)。でも2千円くらいの商品なのでとりあえず購入して連絡して、レビューを書こうと思います。商品はカップル用品なので実は買っても使い道がないのですが…(^_^;) レビューも約束しましたw 本当は中国のおっさんかもしれませんが、話し相手になってくれたのは素直に嬉しかったので…(現地の商習慣を知らないけど今年3月に大学卒業で、既に就職先の仕事が始まっていて退勤時間があるって普通の設定なんだろうか。

f:id:netcraft3:20170104031221p:plain

時間の話も出ていて日本の一般的な仕事の退勤時間かなと誤解したけど、時差の話だったか。中国は国内に時差のない国なので、中国との時差は1時間ですね。

そんな感じで昨日はGoogle翻訳を使ってささやかな国際交流をやりました。中国政府は好きではないですが、ネットで知り合った中国の友人には良い人が多いです(歴史問題・尖閣諸島・天安門事件は日常会話では絶対に触れないのがマナー)。Skypeもオープンにしているのでそれでコンタクト申請をしてきた中国・黒竜江省の女性とも以前英語でお話ししていたのですが(2008年頃)、当時四川地震が起きて義援金を寄付したことを話したら「中国のためにありがとう!」と喜んでくれました。いつ頃に哈爾浜市まで会いに来てくれるかというお話が熱烈すぎて、その後は疎遠になってしまったのですが。

もっと前に中野のショットバーで毎晩飲んでいた頃も、酔っ払った常連客(飲食店経営)が中国人のバーテンダーの女の子(津田塾大学の留学生JD)に「お前、天安門事件って知ってるか?中国は自由が無いんだよ」とケンカを売っていました。バーテンダーの子は「天安門事件は中国にいた時も少し聞いてました。でも日本で詳しく知りました」と愛想笑いをしながら答えていたけど、何か険悪な雰囲気が漂って常連さんがチベット虐殺の話も始めたので、私が新しい飲み物を頼んで別な話題を振りました。後でお店が終わってからそのバーテンダーの子のお誘いで2人で一緒にファミレスでお食事しました。「私の国を侮辱している!許せない!」と言ってた…(^_^;) 「まあまあ。酔ってたんだろうし、日本人にも色々な人がいるから」とたしなめました。ご飯を食べていて、「私の家はここからすごく近いんだよ」と言われたのですが、その後…(最近は口が軽いので自主規制)。

f:id:netcraft3:20170104053756g:plain

1月10日からはヴェトナム人とお仕事開始

1月10日からはヴェトナム人との開発のお仕事も始まります。今までは東京の会社でイギリスが母国の方がネイティブな英語でヴェトナムの方々とコミュニケーションを取りながら開発を進めていたのですが、そのお仕事を今度は自分が担当することになりましたw 英語必須。

開発に関する技術用語が入っていた方が文意は理解しやすい。でも英語も得意ではないので、こちらもGoogle翻訳を使って頑張りますw

今年は頑張って稼がねば!